AGAによる薄毛とストレス性の薄毛の違いと発毛治療

Pocket

AGA(男性型脱毛症)とストレス性の脱毛症は同じ薄毛でも別々のもので、発毛治療する場合も違います。
育毛を促進するいろいろな栄養素。
まず原因として、AGAの場合はジヒドロテストステロンという男性ホルモンが毛乳頭にある受容体と結合することで発症します。
そうなると髪の成長サイクルが短くなり、太く立派になる前に抜け落ちてしまうため薄毛が進行するのです。
特に前頭部と頭頂部はこのジヒドロテストステロンの影響を受けやすく、このあたりから脱毛が目立つようになるのです。

発毛治療するには、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することが肝心で、効果があると認められているのがフィナステリドといわれる成分です。
この成分が含有された錠剤を服用することで大きな効果が期待できるのです。
ストレス性の場合は、普段の生活での悩み事や大きなショックなどによる血行障害やホルモンバランスの乱れが原因の脱毛症で、男女関係なく発症します。
特に抜けやすい部分というのはなく、頭部を中心にいたるところから抜け始め、症状が進行すると無毛症のような全身ツルツルになる場合もあります。治療法として、AGA同様ストレスホルモンを抑制する処方薬があります。
しかし心因性による症状はストレス原因を取り除かない限り大きく改善するのは難しく、治すにはかなり時間がかかるようです。
AGAもストレス性の脱毛も、発毛治療するには医師の診断と処方箋が必要なので、気になる方は皮膚科の病院やクリニックに1度足を運んでみましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP