投資方法としての商品先物取引

Pocket

毎月無理なくコツコツ貯められる!慎重派におすすめな積立FX
商品先物取引は取引のための証拠金を入金すれば、証拠金の何倍もの取引が出来るので、少ない資産で大きな利益が出ますが、逆に、大きな損失になることもあるので、ハイリスク・ハイリターンの投資といえます。
商品先物取引で扱っている商品は金や銀などの金属、原油、米や大豆などの食物、株などの金融など様々ありますが、取引方法は同じです。
商品先物取引では買いでも売りでも契約することができます。

相場が上がりそうであれば、買い契約を行い、予想通りに上がれば利益となります。
逆に、相場が下がりそうであれば、売り契約を行い、予想通りに下がれば利益になります。
また、決済期日が決められているので、期日になれば自動的に決済されます。
例えば、買いの契約をすると、決済期日になれば売りの決済が行われます。
買いの契約を行い、相場が上がり、利益を得たい時には売りの契約をします。
決済期日になって、相場が下がっても、買いと売りが相殺されるので、利益を得ることができます。
買ったものを売る、売ったものを買うことを契約の反対売買するといいます。
商品先物取引の用語で買いや売りの契約をすることを建玉を持つともいい、契約の反対売買を行うことを建玉を決済するといいます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP